スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京レインボープライド 2013」メンバーの感想

明治大学 Arco Iris 代表Mです。
先日、サークルメンバーのうち10人が参加した東京レインボープライド 2013について、何人かの感想コメントをまとめました。
サークルでは初めて参加する大きなイベントだったので、特別な思いを持って参加したメンバーも多かったのではないかなと思います。

以下、メンバーの感想です。




『4/28、東京レインボープライドお疲れ様でした!今年はサークルメンバーとパレードに参加させて頂きました。沿道の方々が手を振ってくださったり、ハイタッチしてくださったり、皆さん笑顔で大通りを歩けて、とってもとっても楽しかったです(*´∀`)
着いてすぐ大好きなフォロワーさんとお会いでき、皆さんのお友達さんや、さらにそのお友達さん--たくさんの方とお話できて、凄く嬉しかったですっ ありがとうございました…!今後もよろしくお願いしますm(_ _*)m
ステージも素晴らしかったです!一緒にお写真撮って下さった方々、ありがとうございました(^^ )ただ、前々から物凄く楽しみにしていたのですが、パレードのため見れなかったステージがあり、いまだに引きずっております(_ _。)後々動画を公開してくださる事、切に願っております(´;ω;`)
本当に本当にありがとうございました!来年もきっと参加させて頂きたいです。よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ』
Twitter広報 α


『明治大学3年のyukke(ゆっけ)と申します。今回、このパレードの参加を機にArco Irisに加入させて頂きました。

突然ですが、私は音楽を聴くのが好きです。とりわけロックが好きです。下手くそですが、歌を唄うのも好きです。美味しいものが好きです。お酒も好きです。ふらっとどこかに遊びに行って、スマホで写真を取って、ちょっと加工して、Twitterに上げるのが趣味です。

こんな私もマイノリティなんです。
性的志向や性自認が、「ふつう」と違うだけで、少数者になってしまうのです。私たちはその、誰かが作った「ふつう」の壁の向こう側にいる人と何ひとつ変わらないんです。
でもその壁が一枚あるおかげで、人知れず苦しみ、もがき、涙する人もたくさんいるのです。私は大々的に自分のセクシャリティを公表していないので、直接的な差別を受けたことはありませんが、それでも時々モヤモヤしながら毎日を過ごしています。

今回のパレードで私が最も強く感じたのは、そうした窮屈さから解放されたような清々しさでした。自分のセクシャルティを隠すことも、わざわざ説明する必要もない、自分の望む自分の姿が最初から認められているような喜びを感じました。
こう書くと堅苦しく見えるかも知れませんが、純粋に楽しかったです。

しかし、ゆうさんも述べているように(*)、パレードの意義という面では、少し不十分なところもあるかも知れないと思いました。セクシャルマイノリティ、そして理解を示してくれるストレートの方とお話ししたり、意見を交わすことは素晴らしいことです。ただ、そうして結びつくことが、当事者でない人々との溝を深め、壁の内側に篭ることにつながっているのだとしたら、それは改めなければいけないと思います。具体的な方法を挙げることは難しいですが、本当に私たちが訴えたいことを明確にした上で、イベントを挙行することが、今後は必要なのかもしれないと感じました。

今回パレードに参加して考えさせられることがたくさんあり、私もいろいろ勉強していかなければなあと痛感しました。
ありがとうございました。』
3年 yukke
(*)ゆうさんの感想はこちら→東京レインボープライドに参加しました


『わたしは今までずっとクローゼットのバイセクシャル・ノンセクシャルでした。周りにセクマイと公言しているひとはいなく、受験中にセクマイという言葉を知り、ほとんどロムのみでツイッターの別アカウントをつくり自分以外にも色々なセクシャリティのひとがいるんだといいことを知り少しほっとしたような気がしました。
そして同じくツイッターでこのアルコイリスさんを知り、パレードに参加させていただきました。
最後までなんだかふわふわした不思議な感覚でしたが、参加できてよかったと思いました。そしてこのパレードに参加するにあたり、親友の4人にカムアウトをしました。直接話したわけではないのですが、受け入れてもらえて、電車の中で泣きそうになっていました(…)パレードという機会がわたしにとってひとつの突破口のようなものになった気がします。まだまだわからないことやつらいこともありますが、大変貴重な機会に居合わせられてよかったです。ありがとうございました。』
1年 そう


以上3人がコメントを寄せてくれました。ありがとうございます。

さて、わたくし代表Mはといいますと…今回は沿道からの応援、という形で参加させていただきました!
昨年8月は緊急開催 Save the Prideにて、個人でPerfumeフロートに参加したのですが、その時に沿道から手を振ったり、虹色の旗をかざしたりして応援してくださる人々に、とても励まされました。そこで今回は、沿道からパレードを楽しむことにしたのです。
すると、フロートに参加して歩くのとは違った色々な発見がありました。パレードは連休中に開催され、しかも渋谷から原宿・表参道を練り歩くため、とても多くの人の目に留まったはずです。その「見物人」たちをよく見てみると、そこには、あたたかい声援を送る人、冷たい目線を送る人、物珍しそうに携帯電話のカメラを構える人、見て見ぬふりをする人など、本当にたくさんの人がいて、それぞれの形でパレードに「巻き込まれて」いました。
私たちが「当事者」としてパレードに参加することも大事ですが、そういった人々の反応も考えたうえで、声を届けていくことが大事なのかな、と思いました。

でも!確かに沿道はいろんなフロートが楽しめていいんですが、やっぱり自分には、フロートに入って軽快な音楽と共にプラカード掲げて表参道を歩く方が合っている気がします!だって楽しいし!
顔見知りじゃなくても「仲間」だと思えるあの一体感は、やっぱり歩いてみないと味わえないなぁ、と思います。


改めて、今回パレードに参加された皆さん、運営のみなさん、その他多数の方々...
お疲れ様でした!




さて本日5月7日、ArcoIris新歓やります。
それについても後日ブログ更新しますのでお楽しみに!



---------------------------
明治大学 Arco Iris

twitter: @ArcoIris_1234
E-Mail: meiji.arcoiris☆gmail.com(☆を@に替えて)
スポンサーサイト

ランチ会

こんにちは、サークルメンバーのTです。

先週の5月3日に、表参道のgossipというカフェでランチ会を行いました!

ちなみに…
gossipとは、主にゲイカルチャー、アートなセクシュアリティ、多様性をモチーフにしていて、店内の本棚にもそれに関する本がたくさん置いてあるカフェです。(本は読めるものもありましたが、主に商品でした)参照:http://gossip-cafe.com/

今回はサークルの公認に向けた話し合いがメインでしたが、おいしい料理を食べながらもいろいろな楽しい話をしました!
僕は代表さんがオススメしてくれたキッシュなるものを初めて食べたのですが、とてもおいしかったです^^
食べ終わったあとも少し話し合いをしていたところ、お店の方からクッキーを差し入れていただいて感謝感謝でした。
そのあとは用事のあるメンバーとお別れをして、残りのメンバーで別のカフェに入って、話し合いの続きを行いました。そこでは真面目なセクの話などもできてよかったかなと思います。


そして!5月3日には新歓を予定しています!
新入生が少しでも当サークルに興味をもってくれたらいいな、と思います。
また、シスジェンダーやヘテロセクシュアル(異性愛者)の学生さんも、メンバーの個人情報 (恋愛対象等) に配慮するという原則のもと、参加を歓迎しています。

新歓の詳細は連絡をしていただいて教える形となっていますので、興味をもってくれている方は下記のアドレスかtwitterのArco Irisのアカウントにお問い合わせください。

twitter: @ArcoIris_1234
E-Mail: meiji.arcoiris☆gmail.com(☆を@に替えて)

サークルメンバー一同、参加お待ちしております。

お茶会開催のお知らせ

東京レインボープライド参加された皆様、お疲れさまでした。
代表Mです。
私は参加する予定がなかったのですが、急遽参加できることになり、とても楽しい時間を過ごすことができました。
ゆうさんがすでに感想を書いていますが、後日他のメンバーのコメントもまとめて掲載する予定であります。お楽しみに!

さて、表題の件ですが、当サークルも順調にメンバーが集まってきたこともあり、サークルメンバーでお茶会を開催することになりました。
まだサークル参加を迷っている明治の学生さんもどうぞご参加ください。
(すみませんが今回は明治大学の学生のみの参加でお願いいたします)

場所は原宿周辺、時間はお昼頃から開始予定です。

参加希望の学生さんには詳細メールを送りますので、お気軽にお問い合わせください。

Twitterのリプライ、DMなどでの質問にもお答えします。



明治大学 Arco Iris

twitter: @ArcoIris_1234
E-Mail: meiji.arcoiris☆gmail.com(☆を@に替えて)

東京レインボープライドに参加しました

こんにちは! 政治経済学部3年のゆうです。

4月28日(日)に代々木公園イベント広場で東京レインボープライド2013が開催され、Arco Irisからはメンバー9人が参加しました。それに参加した感想をつらつらと書いてみたいと思います。
※個人的な感想ですよ。

まずは、東京レインボープライドについて(知っている人は読み飛ばしてください)
2012年にはじまった、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル(両性愛者)、パンセクシャル(全性愛者)、ノンセクシュアル(非性愛者)、アセクシャル(無性愛者)、トランスジェンダー、Xジェンダー(性自認が男性や女性ではなく中性や無性だったりする人たち)、ポリアモリー(複数恋愛)、性分化疾患などなど…、多彩な生き方がある。そういった生き方に誇りを持とうというお祭りです。


 本題に入ります。
 一番言いたいことが何かといえば、楽しかったということです。気の置けない人たちと過ごせる空間だからか、始終楽しげな雰囲気に包まれていたと感じます。それだけではなく、パレードや中村 中(あたる)さんをはじめとしたステージ、団体や企業・大使館によるブース。どれも非常に楽しめました。ワインの試飲などもありましたよ(甘くておいしかったです。渋くないワインもあるのだと驚きました…!)

 楽しかったから、「わちゃわちゃ楽しむだけでもいいのかも」とも思いました。もちろん、セクシュアルマイノリティー(セクマイ)って身近にいるんだよ! そういったことを伝える目的もあると思いますし、できることならこの目的も果たされてほしいとは思います。たとえば同性婚を法的に認められるようにするには憲法の改正が必要です(ですよね?)。それには、セクシュアルマジョリティー(セクマジョ)にも関心を持ってもらわなければなりません。日本は硬性憲法ですから。

 でも、少なくとこ今回のイベントは理解してもらうような場にはなっていなかったのではないか? と思うのです。Twitterでは、通りがかったので東京レインボープライドを見たという人がいました。そのたまたま見たツイートでは、「ゲイのフェス」と書かれていました…。これは説明不足によるのではないかと感じた。例えば、ステージではドラァグクイーン(女装家)などの言葉が使われたいたが意味の説明はありませんでした。ほとんどのセクマジョにはこういった用語の意味がわからないのではないかと思います。
 僕の入っているゼミでは、先生の話のなかでこの東京レインボープライドの話出たが、「レズビアンとゲイのパレード」と発言していました。興味を持った(?)もしくはイベントの存在を知った人に伝わっていないという点から。そして、たまたま通りがかった人にどんなイベントか伝えられないという点から見ても「理解を求める場」としては失敗であると思います。もちろん、東京レインボープライドの趣旨を理解しているセクマジョ(だと思う)友達もいましたが…。

 他に感じたこととしては、配っていたのはボランティアの方でしたが(たぶんセクマジョ?)、ゲイによるイベントのちらしを外見が男性の人にだけ配っていました。これはどうなんだろう、と思ったのです…。別に外見で判断することが悪いとは思いませんが、“外見だけ”とか、外見による判断を盲信するのは少し違うと思いました。こちらの方もゲイの方がつくられたイベントだと思うのですが、対象者が“同性愛者(ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、性同一性障害)”となっており、なんか杜撰な感じがしたのです。これだと、あぶれてしまうセクマイの人がたくさんいるのではないか! と。
 ですから、同じセクマイとはいえ互いに理解しあえているのか疑問も残ります。そういった意味で、東京レインボープライドは広く考え・理解しあう場になるべきと思う。セクマイだからわかっているはずだとかではなく、「あたりまえ」と思っていることを崩す。“理解してもらう”ではなく、自分自身の考え・理解を再考し、さまざまな人と“理解しあう”、そんな場になればいいのではないかと思いました。

ゆう

---------------------------
明治大学 Arco Iris

twitter: @ArcoIris_1234
E-Mail: meiji.arcoiris☆gmail.com(☆を@に替えて)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。